CISO 経営者のためのセキュリティ参謀サービス

   経営者が理解納得して経営判断が可能になる参謀役(CISO) 

   
   
    
                         経営者のためのセキュリティ参謀(Chief Information Security Officer)
                       
                         情報セキュリティ最高責任者」として、難しいセキュリティ用語を経営者が理解できるように
                         わかりやすく解説したり、理解をサポートします。安心して適切な経営判断ができるようになります。
                         また情報システム部門(システムベンダ)間の橋渡し役となることで、
                         コミュニケーションエラーを回避いたします。
                                              
                         ・経営者:「なんでうちの会社の情シスはこんな高い見積もりを出してくるんだ?」                         
                         ・情シス:「なんでうちの社長はこちらの提案をいつも却下するんだ?」
                         
                         と双方に思ったことがある会社様にとって、お役に立てるサービスです。
                                                 
                         

                              ⬛️セキュリティ参謀サービス(例)

                       ・経営者と情報システム部門(システムベンダ)の橋渡し役
                       ・重大インシデント発生時の経営相談窓口
                         ・経営者との方針のすり合わせ、トラブル発生時の事後対応(お詫びの仕方、リカバリー方法)
                         ・社内展開が難しいセンシティブなセキュリティインシデントの相談、方向性の確認
                       ・セキュリティに関する適正予算設計
                                                    
                         
                       
                        
<<セカンドオピニオン                           サービス概要に戻る                                リモート顧問>>