CISO セキュリティリスク軽減サービス

セキュリティ問題を解消する最後の砦は「社員を教育すること」です    

     
     
                         会社としてルールや規程を定めた上で「社員教育」を通じて内容を
                         社員個人に定着させることが重要です。
                         
                         その一方で、言葉の説明だけでは定着させることが難しいもの。
                         自社の社員がセキュリティ問題を自分ごととして認識することが重要です。
                         サイバー攻撃や情報漏洩が身近に起こりうるリスクであると認識した上で、万が一問題が生じたら
                         自分や自社がどんな社会的制裁を受けるのかを理解する必要があります。


                         <社員教育では以下のようなことを行います>
                         ・セキュリティ講演(サイバー攻撃実演付き)
                         ・(セキュリティ問題を自分ごととした上での)運用・ルール・規程の落とし込み
                         ・自社の情報資産の見直し、並びに、万が一漏洩した場合のリスク認識
                         
                         
                         
                        

  

 

<<組織力強化・規定                             サービス概要に戻る                            セカンドオピニオン>>